会社案内製品情報品質管理・生産設備採用情報お見積り依頼プライバシーポリシー

トップページ製品情報ミレニアムベースとは

会社案内
製品情報
ミレニアムベース
ミレニアムベースとは
ミレニアムベースの適用
ミレニアムベース設計仕様・品質保証
構造性機能保持のための部材実験
ユニットベース
品質管理・生産設備
採用情報
お問い合わせ・お見積り
プライバシーポリシー
ミレニアムベース



ミレニアムベース お問い合わせ


日本建築センターAタイプ評定。平屋・2階建てはもちろん3階建ての基礎に用いることができる

評定取得 組立鉄筋法
ミレニアムベース・全強度溶接
ミレニアムベースの全強度溶接は鉄筋強度と
同程度以上の強度を持った溶接技術です。
弊社の「ミレニアムベース」は財団法人・日本建築センターより認可された、
「Aタイプ」評定です。
構造計算でせん断補強筋を使用することが出来ます。

ミレニアムベース
カタログダウンロード

ミレニアムベースとは
・ミレニアムベース工法は、基礎梁筋ユニット、継手筋ユニット、開口補強ユニットで構成される基礎梁組立鉄筋システムです。
・基礎梁筋ユニットは、従来の180度フック付であばら筋を使うかわりに直棒のあばら筋を用い主筋とは全強度鉄筋交差溶接に
より接合し、組立鉄筋ユニットを構成しています。
・適用できる基礎形状は2階建はもちろん3階建にも使用できる布基礎とベタ基礎です。

ミレニアムベースの特色

組立鉄筋工法・全強度鉄筋交差溶接

全強度鉄筋交差溶接(Aタイプ)※ 従来型スポット溶接(Bタイプ)※
溶接点の性能 主筋引張 主筋の強度及び伸び:規格値以上を保証
せん断設計 3/3(規格降伏点)以上 1/3以上 2/3程度
構造計算(せん断設計) 一般RC造せん断補強筋と同時に算定できる せん断補強筋として算定できない
コンクリート断面とせん断補強筋が有効 コンクリート断面のみ有効
ひび割れ後のせん断強度 ひび割れ後も安定した強度を保証する ひび割れ後の繰返し荷重に対応できない
※(財)日本建築センター評定における分類Aタイプで評定取得した場合はBタイプとしても使用する事ができる。
 

ミレニアムベースの適用

適用範囲